人狼ゲームのルールを知ろう

当ブログでは、ここ10年ほどでネットでも一般でもじわじわと浸透した
アナログゲーム「人狼」を解説していく。

初回となる今回は基本的なルールをみていこう。



スポンサーリンク


大人数で行われるパーティーゲーム

面白い人狼ゲームをするならある程度の人数が必要とされる。
管理人は10~15人程度がベストな印象。
とある役職が全員にランダムで与えられた形でゲームがはじまる。

基本は2チーム

とある村に人間の姿をした狼が混じってしまったという設定。
ゲームは狼チーム人間チームに分かれている。
上級者向けでは第3陣営も登場するが今回は割愛する。

ゲーム進行

ゲームは昼と夜に分かれそれぞれ人間チーム・狼チームの攻撃がある。

昼ターンはみんなで狼とおぼしきところについて話し合う。
昼時間が終わったら投票により1人を処刑する
処刑された人はゲームから除外され以後会話できない。

夜ターンは狼が人間を1人襲撃する
襲撃された人はゲームから除外され以後会話できない。

昼ターンと夜ターンを繰り返していき、
どちらかの勝敗条件を満たせばゲーム終了となる。

それぞれの勝利条件

人間チームは狼を全滅させることが勝利条件で、
狼チームは人間チームと狼の人数が同じになれば勝利。

例えば狼2 人間2 となれば狼チームの勝利で
狼0 人間2 となれば人間チームの勝利となる。

役職の力で人狼を追い詰める

夜のターンは狼が人間を襲撃する時間だが、人間チームにも光がある。
特殊能力を持つ役職者が生きていると夜にその能力が発揮される。

人間チームの代表的役職
・占い師(預言者)
・霊能者(霊媒師)
・騎士(狩人)

占い師は毎晩1人を占い、狼か人間かを知ることができる。
霊能者は昨日の昼処刑した人が狼か人間か知ることができる。
騎士は毎晩1人を護衛し、狼の襲撃から守ることができる。
他にも共有者、パン屋、魔法使いなど役職者の種類は多岐に渡る。

人狼は狼同士仲間がわかる

人狼が複数配置されると人狼同士のみ仲間が誰かわかる状態でゲームが進む。

しかし人間同士は誰が人間かわからない。
これは人間は人狼が誰かわからないことと同義。

人狼も「私は人間です」と言ってまぎれているので、
適当な投票では人狼はなかなか処刑できない。

狼は騙ることが多い

役職者が確定してしまうと正しい占い情報や霊能情報が村に広まり
狼側の不利に働いてしまうので、ほとんどの場合狼が役職者を騙る。

つまり狼にもかかわらず「私は占い師です」などと言ってくる。
これを人間が見抜けるか、狼は嘘を突き通せるかどうかが
このゲームの醍醐味のひとつとなっている。

初心者におススメの設定

いきなり役職が多い村でやると頭がごっちゃになりやすい。
最初は占い1 騎士1 狼2 人間5~6程度がお勧め。
慣れてきたら霊能者、狂人などを足していくと良いだろう。

人狼放送で初心者が多いにもかかわらず狂人や狐を足すのを見かけるが
「はじめたばかりの人このレギュレーション(配役)は酷」
ともどかしく思いながら見ている。

特に狐をはじめとする第3陣営を含む村になると
ほぼ別ゲーになると言っても過言ではない。

ルールが理解できたら実際にやってみたいところだが
プレイする形式・方式が多彩なのもこのゲームの面白さのひとつ。

次回記事:多種多様なゲームの遊び方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする