霊能者(霊媒師)の基礎

通称「霊」。 人間チームの役職のひとつ。
死んだ人の色(狼か人間か)を見ることができる。

仕事内容から基本事項までをおさえておこう。

動画版「霊媒師の基礎」を作りました



スポンサーリンク


霊能者の主な仕事

死んだ人の色を村に伝える

「昨日処刑された人は人間でしたor人狼でした」という霊結果を
村に伝えていくのが最低限の仕事となる。

真確された場合の司会進行

霊は1人しか出ない場合、本物扱いされ司会を任されることが多い。
狼側としては霊よりも占を真確させることの方が被害が大きく、
狼側が人員を割く割合が相対的に低いからである。

霊能者の主な戦術

司会進行

オンラインでは票割れ防止として必須なこともある。
処刑対象を霊媒の裁量でこれ!と決めてしまい、
誰がなんと言おうと村全体でそれに従うという戦い方。

2人以上名乗り出たらローラーされる

ローラーとは一定のくくりの人を全員処刑すること。
霊媒師は2人以上出るとこの対象になることが多い。

霊能者は結局どう立ち回ればええの?

霊は占いの動向を見つつCOするか決める。
1-0であれば黒が出るまで潜伏or乗っ取り防止でCO。
2-0、3-0と占いが複数出た段階でCOするのが基本。
詳しくは陣形別解説にて。
<参考記事:2-1?2-1-2?陣形とは

「霊結果言います、◎◎は人間でした」のように
「霊結果」というフレーズはきちんと入れておこう。
初心者に多いのは霊COにもかかわらず「昨晩占って人間」と
霊と占を言い間違えるパターン。

真霊能が安定していると村がまとまりやすくなる。
司会を任されたら堂々と振舞おう。

対抗が出たら霊ローラーを希望しつつも
対抗真決めうち論を抑止するため真アピを忘れずに。

狼が残り1匹なら霊結果はゲームが終わるまで白しか出ない、
すなわち真霊は白確の1人でしかなくなる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする