【PP?RPP?】パワープレイとは


「今日間違えると明日PPです」

ゲーム終盤になると登場する言葉としてPPがある。
今回はPPの詳細について見ていこう。



スポンサーリンク


PPについて

PPとは

狼チーム側のみが可能。PPはPower Play(パワープレイ)の略。
狂人と狼が共に狼陣営COをして多数決で村人を処刑する戦法。

PPができる条件は
狂人の数+人狼の数>(狂を除く)人間の数 という状態で
朝を迎えること。

具体例を出しておこう。

PPの典型例

朝3人 狂狼村
朝5人 狂狼狼村村
朝7人 狂狼狼狼村村村

狂は人狼チームなので、多数決では狼チームの票が1票多くなる。
狂人が狂COして、狼が狼COすることで村人を処刑する流れを作る。
成功すれば人間陣営が結託して票を狼に集めても
村人が吊られるので狼陣営勝利が確約される。

村チームのPP対策

PPの前日までに狂人を吊る

PPは村チームに不利なことから事前に狂人を吊れば防止策になる。
狼ぽくはない(黒が出ないであろう)が、狂らしき位置を吊るのは
最も無難な対策として頻出する。

PP誘導(回避)

市民側が狼ぽい立ち回りを見せて、狂に狼であると勘違いさせる。
PP可能な状態になったら狼よりも先に狼COして狂を説得する。
成功すれば狂を市民が騙して最後の狼(LW)を吊る
という理想的展開になる。

※初日からの立ち回りが市民よりだと狼に押し負ける難しい戦法。
「PP=負け」ではないとはいえ、最終日狼COするだけではまず騙せない。
これまでの襲撃先や、噛んだ理由、狼の仲間は誰かなど
矛盾のないストーリーを初日から構築する必要がある。

2狼以上残してのPP対策

5人PP以上はまともに決まれば村は絶対に勝てない
これは1日狂人を騙せてもゲームが終わらないためだ。

ゲームが続いた=前日吊られたのが狼という情報が出る為
翌日狂人は100%狼陣営・村陣営を判別できてしまう

2狼以上残っている状態でのPPになる前に、前述の
狂人候補を吊っておくことが村として保険になる。

狼の狂騙り(PP偽装)

狼村村の状態で狼が狂COする。
成功すると村人2名はPPと勘違いして互いに狼COしてつぶしあう

上手く行けば完全なる狼一人勝ちとなるが、
・序盤が役職に狂がいる可能性の高い陣形(2-1 2-2)である
・狂が狼臭を残して死ぬor狂ニートであるor役欠けルールである

などと必要な条件が多い。

RPPについて

RPPとは

狼と狂の意思疎通がとれても狼が確実に勝利できない
不完全なパワープレイ。Rはランダムのこと。

発動条件は 狂1名 狼の数=人間の数-1  で
朝を迎えること。

具体例を出してみよう。

RPPの典型例

朝4人 狂狼村村
朝6人 狂狼狼村村村
朝8人 狂狼狼狼村村村村

狂を狼側とカウントすると票をまとめても狼に同票が入るリスクがある。
同票になった場合はランダムで処刑することがルールでは多い。

ランダムは人狼ゲームではなるべく避けたい要素。
やるならRPPよりPPがええよなぁ(と個人的に思っている)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする