猫ルーってなんぞ?

※この記事は役職・猫又の基本仕様をご存知の方向けです。
<参考記事:猫又ってなんぞ?

猫ルーとは猫又を含む村に登場する戦術。
猫又ルーレットを略したものである。



スポンサーリンク


猫ルーとは

猫又COした位置を真贋を見極めきらずに
処刑してしまうことを猫ルーと呼ぶ。

真贋がついていない状態で処刑することと、
誤って真を処刑するとランダム道連れが発生するという
2重の運要素の強さからこう呼ばれる。

猫又COは基本的に放置して進むことが多く、
特に単独猫又COは最終日まで放置することが多い。

猫又COを放置して進める理由

猫又が死ぬとそのタイミングで
死体がいつもよりも多くあがることになる。

言い換えると死体が1ないし0のときは
猫又は非常に高い確率で生存している。

真がCOした場合は狼はまず襲撃できないほか、
人外であった場合も狼は容易に襲撃できない。

つまり猫COした位置を生かしておくことにより
狩人は護衛候補から猫COをはずすことができ
相対的に狩人GJの確率を高める効果が得られる。

最終日までもつれたとき村勝率が上がる

A(狼)、B(猫)、C(村) の3人での最終日とする。

Aが序盤に猫を騙り、Bも真猫として対抗猫又COし、
その状態で最終日までもつれたとしよう。

Cから見れば、A・Bどちらが本物かはわからない。

最終2択を迫られるCが胃痛の場面であるが、
実はこの村、Cが間違えても勝てる見込みがある
なぜなら猫又のランダム道連れによって
狼が道連れで倒せる場合があるからである。

Aが処刑された場合は無条件で村勝利
Bが処刑された場合は、道連れ先がAの場合村勝利、
道連れがBの場合は狼勝利となる。

つまり66%の確率で村が勝利できる。

また狼が猫を騙らなかった場合もこの特徴を生かせる。

グレー2人と猫という最終日になるので、
あえてB(猫)を処刑すればランダム道連れとなり、
狼を倒せる確率は50%となる。

仕様によっては通用しないことも

この戦い方は処刑と道連れが同タイミングで処理される
というゲーム仕様が大前提となっている。

道連れが翌朝に発生するタイプの猫又や、
処刑だけを先に処理して猫又の能力発動前に
ゲームが終わってしまう場合はこの限りではない。

この作戦を取る際にはその村の猫の能力仕様を
十分に確認してから行うこと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする