【猫又?狩人?】ハンターってなんぞ?

ハンターは人間陣営の役職のひとつ。
字面だけ見ると狩人だが狩人とはまったくの別物
猫又に近い能力を持った特殊役職。



スポンサーリンク


ハンターの基礎

指定道連れ能力

ハンターは猫又同様に道連れ能力がある。

自分が処刑or襲撃されたら
他プレイヤー1人を霊界に送ることが出来る。

猫又と違うのはハンター自身で道連れ先を選ぶ点

昼ならランダム、夜なら狼確定という猫又と異なり、
どこに狼や人外がいるか猫又以上に考える必要がある。

ハンターの能力発動は全員にわかる

ルールにもよるが、基本的に道連れ先を指定する際は
プレイヤー全員の目の前で行われる。

狐、恋人、猫など翌朝死体が複数出る可能性を持つ役の中で
能力によって死んだことがわかる珍しい役職。

能力を除くと素村と同じ

指定道連れ能力以外は普通の人間と同じ扱い。

占われれば白、霊媒結果も白と判定され、
各陣営勝利条件の際も人間カウント。

結局どう立ち回ればええの?

なるべくゲーム後半に死ぬ

人外にとっては投票ではなく指定で殺されるという
別の意味で警戒すべき存在となっている。

よって人外はハンターに狼・狐位置がばれないように
普段以上に(特にグレー潜伏を)頑張ることだろう。

ハンターが能力を発動したとき人間陣営としては
できることなら人外をやっつけて欲しいものである。

ハンターが人外をやっつける確率を高めるなら
単純に生存人数が減ってきたゲーム後半が理想。

これは終盤ほど生存数に対して狼の割合が増えやすいことが理由である。
<参考記事:グレーの中の狼率

吊られる前にハンターCO

ハンターは処刑でも襲撃でも自ら道連れ指定が出来る為、
猫又よりもCOはしやすくなるだろう。

人外のハンター騙りは総合的にメリットが低い。
ハンター能力が発動するかしないかで真贋がつく上、
能力が発動していない=ハンター生存確定なので
ハンター乗っ取りはほぼ不可能

COによる処刑回避は人外を吊る確率をあげるほか、
縄計算が合えば襲撃してもグレーを1つ消されるだけなので
狼も容易に襲撃できなくなるポジションになる。

ただしハンターは特殊配役で組まれることが多く、
ハンターCO=正解というわけではない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする