読心者・いたこ・大狼…強化役職について

人狼ゲームには普通村では強力すぎて登場しない役職がある。

既存の役職の能力を大幅に強化したもので、
1人いるだけでパワーバランスの調整が難しくなる為、
闇鍋村のような一部特殊村でのみ登場する。
<参考記事:闇鍋村ってなんぞ?



スポンサーリンク


代表的な強化役職

読心者

占い師(預言者)の強化版(上位互換)役職。
夜に1人の心を読み、役職を知ることが出来る。

占い師が狩人を占っても「人間(白)」としかわからないが、
読心者が狩人の心を読めば「狩人」とわかる。

狐を銃殺できる力は占い師同様に持っている。

なお対象が恋人に加わっていた場合は
恋人かどうかまでは判定ではわからない。
あくまで役職が透ける能力を持っている。

いたこ

霊媒師(霊能者)の強化版(上位互換)役職。
夜に処刑された人の役職を知ることが出来る。

霊媒結果では狼か人間しかわからなかったのが、
狂人を吊れば狂人、狼を吊れば人狼とわかる。

そして通常は吊っても白判定となる狐だが
いたこが得られる結果には「」と表示される。

こちらも恋人かどうかまではわからない。

大狼

基本能力・仕様は人狼とまったく同じだが
占い結果で白判定が出る特殊能力により人狼よりも強力。

ただし読心者・いたこ・霊媒師には大狼と判定される。

狼占い

狼にもかかわらず、読心者と同じ能力を持っている。
狐を指定に選べば、銃殺させることも可能。

占い師を占うと死亡するという弱点も併せ持つが、
毎晩の読心能力を使うかは任意制となっている。

強力役職によるゲーム性の変化

狼が狐を利用(狐盾進行)しにくくなる

狐がいつ消えたかが村全体で明確化しやすい為
生きているかもしれない…という概念から発生する
狼側の勝ちルートが高確率で遮断される。

強力役職が安全圏に入ることも

強力な役職が故に狼陣営にとっては
一刻も早くゲームから除外したい役職だが、
狐を倒すまでは狼にとっても大事な情報をくれる存在。

しばらくはわざと生かす進行をとることも多い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする