【新?用語付き】サイコキラー(殺戮者)村での戦い方

こちらは役職・サイコキラー(殺戮者)について基本仕様を理解している方向きです。

サイコキラー(殺戮者)は人狼陣営の役職のひとつ。 基本は狂人に近い役職であるが、村にも狼にも大損害を与える可能性を秘め...

サイコキラーが入るだけで両陣営の動きは大きく変わる。記事を書いていて何度も同じ表現が出てきたので、とうとう勝手に用語にしてしまった。適当に略して使ってやってほしい。

スポンサーリンク

積極的サイコ(セッサ)について

どんなサイコ?

サイコキラーが狼に最も活躍する戦い方はサイコが占われるか護衛されることで夜に村陣営の役職者を消すことである。

占いたくなる、ないし護衛したくなる立場に積極的に身を置く立ち回りに務めること。

立ち回り

潜伏が鉄則となる。処刑されず、噛み位置にならず、占い位置、護衛位置になるように動けば高い確率で前述の結果が得られる。文章にすると簡単だが少し人狼がわかる方なら如何に難しいことかは伝わることだろう。

消極的サイコ(シッサ・ショウサ)について

どんなサイコ?

サイコキラーは村への破壊力が高い反面、ご主人様への被害を出しかねない危険な役職。

間違ってもご主人様を消してしまわないように、なるべく狼の襲撃対象から外れる立ち回りに徹すること。

立ち回り

最も無難なのは1枚出たのを確認してからの霊騙り。

狼とかちわって霊媒内訳がサ狼となるのが最悪だが、真サとなればローラーされることで最低限の仕事ができる。

初日役職を募ると、占い師2名、霊能2名が名乗り出た。こんなときよく提案されるのが「霊媒をローラーすべきだ」という意見。 ...

もう1つは占い騙り。グレー幅の広い初日に特攻するのも良い。サイコ村の役COは護衛されにくく食べにくい特徴を持つ(後述)。

サイコキラー以外の立ち回り

素村COを占うor護衛or襲撃

素村COはサイコの可能性が低いことから、狼含む役職者にとっては能力行使先として妥当。

セッサの場合はあえて素村COしてくることもあるが、ご主人様も殺しかねないので諸刃の剣。

素村COは護衛先にも襲撃先にもなりやすいので結果的にGJが出やすい仕様となっている。

サイコの可能性を逆利用(狩人)

ショウサの可能性が高い位置は食べられにくい。具体的には占いCOと単独の霊CO。

サイコ村で狩人になったらよほど真と確信できない限り占いや霊媒は護衛せず、グレー護衛に徹すると良いだろう。勿論CO数が少なく、役職者にサイコがいないと確信できれば役職者護衛に回しても構わない。

なおサイコ村で最も無難なのが白確定護衛である。占いでできた白確定にせよ、共有者などの形の白確定にせよ絶対にサイコではない位置なので安心して護衛できる。

また狼も安心して襲撃できる位置でもあるので普通村以上に白確1枚は両陣営にとって鍵になる。

狩人になったときは素村COと併せて白確定の護衛も検討しておくと良い。

確実に人間であると判明した人のことを白確(確定白・確白)という。 白確を増やすことで村は様々な理由で有利に戦える。白確...

管理人GEN
アグレッシブに行きたいならセッサですが、潜伏狂人以上にハイリスクです。無難に行くならショウサです。セッサ・ショウサ・・・流行らへんかなぁ(棒

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする