思考停止?ローラーの基礎

初日役職を募ると、占い師2名、霊能2名が名乗り出た。
このときよく提案されるのが
霊媒をローラーすべきだ」という意見。

ローラーとは何か---
人狼をやると必ず遭遇する用語なのでおさえておこう。


スポンサーリンク


ローラーとは

ローラーとは一定の基準で決められた範囲をすべて処刑すること
霊媒ローラーと言えば、霊媒師を名乗った者をすべて処刑することを指す。

ローラーは「ロラ」と略されることもある。
ex)霊能をローラーしましょう→霊ロラしましょう

ローラーのメリット

狼陣営を確実に処刑できる

名乗った役職が1人しか配られていない場合、
2人以上出たらその中に偽が混じっていることになる

同じ役職COを全員吊れば必ず人外(狼か狂人)を消せる
真役職も吊ってしまうことになるが必要な犠牲というわけだ。

騎士ロラ以外は騎士保護になる

騎士はCOしていないグレーに潜伏するのが一般的。
よって占い・霊媒ローラーは騎士を吊る心配がない

狼がローラー位置を噛みにくくなる

村がローラーをすると決めた瞬間、狼はそこを噛みにくくなる。
ロラ対象を噛むとロラ用の縄(処刑回数)が1つ減り、
村にとってはローラー縄を節約できた形になるからだ。

グレーからのGJが発生しやすくなる

前述の通り狼はローラー位置は噛みにくい状態になる。
相対的に役職外のグレーが襲撃対象になりやすくなる
護衛成功すればグレーから白確定を出すことができる
グレー・素村の白確はロラされやすい役職よりもありがたい情報になる。

議論省略できる

一定の範囲をローラーすると決めたということは
真贋の見極めを諦めたことと同義になる。

ローラーされる(された)人の議論は極力省略し、
グレーにいる残りの人外探しに時間を使えば
昼の議論がより建設的なものになる。

ローラーが有効な場面

ざっくり覚えておくと良い3パターンを紹介。

2-2にて初日から霊ローラー

狂人が混じっている可能性も高いが役職の中に1狼はほぼ確実となる。
霊の2人をローラーしてその2日間の占い結果で総合判断する。

基本的に霊媒師が2人以上出れば
初日からローラーを始めるのが妥当。
初日にグレーから吊っても狼の割合が少なく、
指定吊りにしなければ尚更狼処刑は難しくなる為だ。
参考記事:指定吊りってなんぞ?

またライン戦という少々トリッキーな戦い方もある。
この場合初日霊ロラは行われない。
<参考記事:ライン戦ってなんぞ?>

3-1からの占いローラー

3縄で2人外を吊れるローラー。
初日からロラする場合はロラ後のグレラン大会に
勝てる見込みがある村かの見極めが重要になる。

3人占い師が出た場合は一般的に真狂狼が出ていることが多い。
ローラー途中の霊結果で黒が出た場合、残りは白なので
占いローラーを止め、グレー処刑に移行することもある(黒ストップ)。
占い内訳が真狼狼の場合は成立しない点に注意。

騎士COが2人出たとき、2人をローラー

村騙りを除いてもれなく人外を吊る事ができる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする