狂人になり初日「占って人狼でした」と言われたら?

先日こんなアンケートをとってみた。
今初見だった方はひとつ選んで以降を読み進めて欲しい。

狂人はある程度立ち回りの自由度が担保される役だが
初手黒判定を出された場合は相対的に有効な選択肢がある。

黒を出した占い師は貴方目線で中身が相当絞られる。
このことを最大限生かしてみよう。



スポンサーリンク


COなし

潜伏狂人のまま素直に処刑されるパターン。
無駄縄を使わせたという点で一応仕事はできているが、
狼目線で狂人がいついなくなったのかがわからなくなるので
少し心もとない。

霊CO(おススメ①

狂人の鉄板かつ無難なお仕事のひとつ。
対抗が出れば高確率でローラーされるので
霊媒機能を停止させつつ、2縄使わせることができる

2-2陣形で霊ロラになった場合ほぼあなたから処刑される。
黒打ちを釣った霊媒結果という情報が村に落ちるからである。

翌日対抗の真は霊媒結果で貴方をと言うだろう。
このとき真霊の動きが極端に雑であれば霊媒結果から
真霊が「占い内訳を真狂に見せたい狂人」扱いされることもある。

この流れを作る為にも霊ロラの流れになったら
適度に真アピしておこう。

その他

狩人CO、狼CO、狐COなどトリッキーな動き全般。
処刑位置になったので何もしないよりはマシという認識か。
(管理人が思いついてないだけかもしれないので、
良い動き方とかあったら教えてください汗)”

占CO(おススメ②

狂人が初日黒を打たれた場合、最も簡単かつ安定するのがこれ。

狂人(白)に黒判定を出した段階でこの占い師(以下A)は偽者確定。
貴方自身が狂人であることから貴方目線でAは人外、つまり狐か狼確定
(各種スライドや結果騙りが介入した場合は除く)。

この展開から管理人が最も安定すると考えている動きは
対抗占いCO後、Aに人間判定を出す」である。
結果表記としては以下のようになる。

占いCO
A:B●
B:A○

これによりあなた(以下B)は人狼か狐に白判定を出すことになる。

Aが人狼なら、人狼目線でBは狐か狂人と確定できる。

Aが狐なら、この2枚は狂・狐の組み合わせと狼目線ほぼ確定。
狂・狐の組み合わせとわかるのはお互いを占っていながら
どちらかが溶けていない(銃殺が発生していない)からである。

代表的例外はAを狂人と仮定した場合である。
この場合のみBが真占の可能性があるが、かなりのレアケース。

この展開になればほとんどの場合3人目がCOする(以下C)。
CがCOして占い3枚になった場合の結果表記は以下の通り。

占いCO
A:B●
B:A○
C:a○

Cが人間に白と出していればCは狼目線でのみ真確となる。
この狼目線でのみ真確という点が非常に重要で、
狩人にはCが真とわからない状態で人狼がゲームメイクできる。

ご主人様のみの視界を晴らすという狂アピができるわけだ。

真占が潜伏や欠けだったときにB処刑を強行されると厳しいが
他の立ち回りでも同じデメリットがある。
霊騙りと天秤にかけて使ってみて欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする