【人狼ゲームを1人で遊ぼう】フリーゲーム「絶対的人狼」が面白い


絶対的人狼は人狼ゲームを題材としたフリーゲームのひとつ。VECTORから無料でダウンロード可能(DL先はコチラ)。

以前紹介したVillage of Cyber(以下VOC)と同様に1人で人狼ゲームを遊ぶことができるPCゲームである。

Village of Cyber (通称:VOC)というフリーゲームをご存知だろうか。 通常は大人数が集まらなければ遊べない人狼ゲーム...

今回はこのフリーゲームの面白さをご紹介。興味のある方は是非プレイしてみてほしい。


スポンサーリンク

概要

設定


主人公は人狼サークルのようなものに入部して、特殊ルールの人狼ゲーム「絶対的人狼」に参加するという設定。

プレイヤーは毎回村で必ず役職「絶対者」をひく主人公の立場で人狼ゲームを行っていき、村勝利を目指す。

村と村の間に小さな会話イベントが挟まりつつ進行していく。

絶対者とは


全員に役職COや能力行使先、処刑先の指示を出すことができる人間陣営。指示は絶対で絶対者以外の者は必ず従わなければならない。言うなれば監督のようなポジション。

絶対者の指示がなければゲームが動かないので必ず指定吊りになる。よってグレランはこのゲームでは起こらない。

グレランか、それとも指定吊りか・・・占いで黒判定がなく、役職ローラーもおきない場合は基本的にこの2択になると思って良い。 ...

狼は絶対者を襲撃対象に選ぶことができない。絶対者は前述の理由から処刑される心配も無いため最終日まで必ず生き残る。ただし最終日だけは例外でPPの際は人外の票先に指定されることになる。

ゲームシステム


1つの村を1ステージとして進めていくスタイルで、全25ステージ。最大人数は10人。

登場キャラクターそのものは固定だが配られる役職が毎回異なるのはVOCと同様。

プレイヤーは役職者に指示を出すことができ、COタイミングから占い先・護衛先まで自由に絶対者の一存で決めることができる。

盤面が整理できたら処刑先を決めてその日は終了。翌朝になったらまた指示出し…という流れを繰り返す。

通常の人狼と同様狼の数と村の数が同じになったらプレイヤーの負け、狼を全滅させればプレイヤーの勝ちとなり次のステージへ進む。1ステージをクリアするたびにセーブ可能。忘れずにしておこう。

マウスカーソルをキャラクターに近づけるとそのキャラクターの能力結果が画面下に自動表示されるようになっていてとてもわかりやすい。

なお各ステージごとに時間制限が設けられている。のんびりしていると時間切れで負けとなってしまう。

ゲームとしての特徴・有効戦術

配役が特殊(特に序盤)


序盤から 絶対者1 占3 狼3 など特殊な配役が極めて多い。VOCと比較するとパターン化が難しく相対的に最初は上級者向きとなっている。

役職潜伏のメリットは少ない


全村に共通するのが縄数が少ないと言うこと。1ミスで狼勝利になってしまう村も多い。これにより役職がグレーに潜伏して生き残る日数を増やすメリットが薄れる。

基本的には占い・霊媒はもちろん場合によっては狩人まで初日に露出させる勢いで進めて行った方がわかりやすい。

指定占い・指定護衛先は1箇所のみ


指定占いや護衛先は1つしか指定できないのがネック。

噛み先占いのリスクが高く、噛み先誘導による村被害削減などあまり望めない。しかし指定しないと狼しか人外がいない村で対抗占いされることも。

狼は夜に人間を噛むのが仕事。占い師は夜に誰かを占って人間か狼かを調べるのが仕事。 夜に狼がAさんを噛み、占い師がAさんを占った...

役職確定露出でも潜伏させた方が村利なことも


例えば占と狩しか村陣営がいない配役で初日占いCOを出し切った後にグレーが1枚であればそのグレーはCOせずとも狩人確定であるが、これをCOさせずにおくことで狩人の生存率が高まる。

どうやら盤面上の役職確定位置ではなく、真役職のCOを襲撃条件としているようだ。

わざと白確を占わせるテクニック


占い師真贋がついていないときに有効。

占うまでも無く人間確定の位置(真確した霊や狩など)を占い指定先に選ぶという一見矛盾しかないプレイ。

通常であれば本物でも偽者でも白結果を言うだけなので無駄占いである。だがこのゲームに限っては非常に有効な占い先となる。

絶対的人狼に登場する騙り占い師はこの占い先に対して結構な確率でを打つーーーつまり勝手に破綻してくれるのだ。これにより偽確定の占い師を増やすことができる。

破綻した占い師を順々に吊って行くだけでクリアできるステージも意外に多いので、負けが先行しがちな方は試してみてほしい。

絶対人狼への対処


終盤のラスト2・3村は絶対人狼という役が追加される。これは最終日でなければ処刑できない黒確であり、ゲーム前に1名を襲撃できるというもの。つまり実質役欠けありと同じ状態になる。

配られる役の中で、狼、狐、猫又を除いたどれかが欠けるいわゆる役欠けルールの有無は開始前に必ず確認される。これはゲーム性が大きく変化す...

かなり運も絡むので、真贋が完全につかない場合は占い師1名の決めうちを初日から行い護衛を常にそこに寄せて戦う戦術が単純ながら勝率が高くなる。

ちなみに前述の色が確定した位置を占って破綻を狙うプレイを試したかったのだが、絶対人狼には通用しなかった。絶対人狼を占い指定するとそこを避けて占う仕様となっているようだ。

管理人GEN
未だ人狼放送や動画でも見かける名作です。序盤はVOCより少々難しいですが、慣れるとサクサク進められますので是非一度遊んでみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする