人狼における強さとは 強い人はどう動くのか

この記事は以前投稿した記事の続きです。
<前回記事:人狼における強さとは 勝率を計算する意味

人狼ゲームが強い人の定義は案外難しいが、各々が
何度か同村する中で「この人は強い」認定をしていく。

この「強い」という表現はどのような感覚で用いられるのか。
今回は強いとされる人の特徴を追いかけてみよう。



スポンサーリンク


強い人の特徴

グレランで吊られにくい

ローラーや黒吊りといったほぼ確定で処刑される展開を除くと、
最もプレイヤーの力量が試されるのがグレランである。

グレランは殴りあい、ラインつなぎ、白アピ合戦といった
人狼の総合力が試される主戦場であるほか、
単純にに吊られ難い=自陣営の数を減らしにくいので
どの陣営になっても総合勝率を上げる要素になる。

また最も配られやすい役職「素村」は最もグレラン対象になりやすい。
最も配られやすい役職での吊られにくさという点でも
強さの目安のひとつと言えるだろう。

発言で村を動かすことができる

その日の処刑先や占い指定先といった進行を提案でき、
それを実際に反映できる説得力がある人は自陣営に有利。

その人が人外であれば自陣営に有利な進行へ誘導でき、
村の場合は必ずしも村有利な進行になる保証はないが
最も人間らしい立場として処刑されにくく、
村を吊るリスクを1つ減らしている点で村有利となる。

自身の白黒要素を調節できる

白黒要素とはその人の人間らしさ、狼らしさを測るために
各々が出したり他プレイヤーから探して拾うものであるが、
上手な人ほどその役職の立場に適して要素を調節する

たとえば素村であればひたすら人間らしい存在となり
潜伏役職(狩人など)の代わりに襲撃されれば合格なので
ひたすら白要素を稼ぎ続ければ良い。

しかし狩人のときは真っ白になり襲撃されては勿体無いので、
適度に怪しまれるポジションを保つことが大切となる。

真アピで真を勝ち取れる

本物アピールが上手な人は単純に処刑されにくい。
グレランと同じ理由でこちらも単純勝率を上げる。

真アピにより村から信頼を得られた場合は
対抗という100%の敵陣営を処刑できる。
これは真であろうと偽であろうと同じ理由で
自陣営有利にはたらく。

また占いCOの場合は狩人に信頼されれば
狩人の護衛を引き寄せることができる点も大きなメリット。

ラフプレーに動じない

暴言・煽りをはじめとするさまざまなラフプレーは
思考や考察を乱す要素になることがあるが、
そんな村でも普段通りのパフォーマンスを発揮できる人は
精神的タフさ・強さを持った人と言えるだろう
(暴言・煽りが褒められたプレイでないことは言うまでもない)。

強い人の立ちまわり

上記の強い人の特徴を踏まえ、より具体的に
どのような動きをしている人が強いのかを見ていこう。

次の日以降のゲーム展開を理解・予想した発言をする

「ここを処刑して、ここを占えば最終日までは確定」
「この順番で処刑すれば確実に人外が2匹いなくなる」

このように限られた情報量の中でそれらしい進行を提案できる人は
戦況をしっかり分析し村の勝てる道筋を探している人として
村であっても人外であっても信頼を得やすくなる。

処刑されにくく強い人の典型と言えるだろう。

多くの発言の前振りや事前説明を省略する

こと短期人狼においては、短い議論時間の中での
発言の量と質でその日の処刑対象から外れるかが直結する。

その際既知なことは極力発言には組み込まず
時間内の発言内容を良質なものにする努力が見られると
受け手の印象は非常に良くなる。

2つほど例を出してみよう。以下の発言を見比べてみてほしい。

①「グレーのAさんは吊りたくないです。占いCO2人について
明確に片方の真をあげられたので今日は外して良いでしょう」

②「占われておらず、役職COもない人ならAさんは人間らしいです。
理由は初日占い師ですと宣言した片方が本物らしいと言及したこと。
これはどちらかの占い師に肩入れすることで片方の占いにはすりより、
もう片方には偽塗りするということでどちらの占い師からも
占い対象にあがらいやすくなる動きです。よって人間らしい行動ととります。」

①・②両方とも、発言内容はほぼ同一であるが、
Bの方が長い時間を使ってしまっている。
同じ中身なら②の心象が悪くなるのは明白だ。

経験者が多い村になればなるほどAのように簡潔かつ
説明を省略した発言が多くなってくる。

とはいえ、参加者の経験量によっては
①であらぬ誤解を生むリスクもあるため、
空気を読みつつ折衷を取っていく必要がある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする