ワンナイト人狼から通常人狼へ

この記事はワンナイト人狼の基本ルールを理解している方向けです。
<参考記事:ワンナイト人狼ってなんぞ?

普段通常人狼をやっている人がワンナイト人狼を遊ぶと
ワンナイト特有のギャップに戸惑うことは少なくない。
その逆も然り。

以前の記事では通常人狼からワンナイト人狼へ移った際に
感じるギャップをいくつか紹介した。

今回はワンナイト人狼中心だった人の目線で
通常人狼へ参加する際の仕様の違いを考える。



スポンサーリンク


参加人数の多さ

ワンナイト人狼でベストとされる4~5人で通常人狼はほぼ行われない。

通常人狼で頻出する規模は8~20人ほど
役職COであったり、発言の整理する量は一気に増える。

自身がグレーにいれば発言を伸ばさなければならないが、
大人数であればあるほどどこかで割って入る必要がある。

噛み考察

そもそもワンナイトには狼の襲撃…つまり噛みがない。
人狼の襲撃によって夜に人間が1人減るという
通常人狼で当たり前に行われているゲーム進行には
しばらくの間戸惑うことだろう。

狼の最大の攻撃手段である噛み---これには多くの情報が含まれ
噛み先(誰を噛んだのか)は村陣営の重要な推理要素になる。

噛み先から考察を落とす練習は人狼動画でも積めるので
ぜひやってみて欲しい。
<参考記事:狼の噛み筋から考察する方法

ツーナイト以降の議論

噛み加え、ワンナイトのときにはなかったのが2日目以降の議論。
役職結果が2日分提出されるのは初めての経験となる。

潜伏役職の追加CO、スライド、黒吊りか否か、
ローラーをはじめとする2日以上かけた戦術など
新たな概念・進行が多く登場する。

勝利条件

ワンナイト人狼での村の勝利条件は人狼を1匹倒すことである。
2匹以上いても1匹倒すことができれば村の勝ちだ。

通常人狼では人狼を殲滅、つまりすべて倒す必要がある
これにより村・人狼共にとれる戦術が大きく変わってくる。

同票のときの処理

村によって仕様が異なるが、同票になったとしても
決選投票という形で処刑者を決める流れが一般的。

2人共処刑するというワンナイトでは村最強の攻撃が
通常人狼では使えなくなるという点は大きい。

それでも同票が続いた場合は
引き分け処理かランダム処刑となることが多い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする