人狼いろいろやってた管理人がskype人狼をやってみた感想

この記事を書いている時点で管理人はskype人狼デビューから約半年---

いくつかのskype人狼の村に入り、GMも経験しましたが
チャット人狼、対面人狼を7年ほどやってきた身から
新しい文化に飛び込んだ感想を述べてみようと思います。



スポンサーリンク


ネット人狼の中でも参加意識が高い

一部に怒られそうな話ですがネット、特に野良では
どうしても突然死問題がつきまといます。
<参考記事:突然死ってなんぞ?

特に短期チャットでの突然死はある程度許容されており、
1人程度の凸であればゲームが続く場合も多いです

これは突然死ひとつで廃村にしていたら、
結構な数の村が成立しなくなってしまうという
突然死が常態化している致し方ない背景があります。

しかし現状管理人が入ったskype人狼村では
突然死=廃村」という認識が全てでした。

総合的な参加意識の高さをとても素晴らしく感じました。

人数を固定した普通配役を好む

先代のスカイプ人狼動画やログを見ていると
12A、12B、16Aといったいわゆる
普通配役を好んでプレイしていることが多いです。

チャット人狼でもサービス(国)によっては形成されている
文化のひとつですが、スカイプ人狼では国問わず顕著です。

管理人が村長を務める村では定員数を定めずとりあえず集め
その後で配役を決めていくという形をとっていますが、
スカイプ勢の方々の多くは12A村、12B村 のように
最初から配役を決めてその配役をやりたい人を集める
という形をとっているようです。

スカイプ人狼専用のツイッターアカウントを持つ人のプロフィールを覗くと
12A:~回 12B:~回 のように自身が経験した村の総数ではなく
配役毎(人によっては役職毎でも)分けているもいるのが興味深いです。

ニコ生のコミュニティで行われている配信村などでは、
「12A経験●●回までの方募集」のように
回数制限をかけて集める村も一定数ありました。

ログを残しにくい

チャットであればテキストデータとしてログが残り、
それを見直すのがひとつの反省になり次につながるのですが、
スカイプ人狼においてログを残すのは少々手間がかかります。

生放送でのタイムシフトやリアルタイムでの録音・録画などが
主な方法となります。

管理人は自身がGMを勤めた村に関しては記録をとるようにしています。
自身のGMとしての村の流れが上手く行っていたかの反省と、
単純にひとつの村の観戦者として聞きなおすのがひそかな楽しみです。

誰がしゃべっているかわかりにくい

対面であれば名札があり、チャットであれば
書き込んだ人の名前が左に出るのでまずありえないことですが
スカイプの画面では人数が増える程に捕捉しにくくなります。

こればかりは慣れの側面が大きいですが、
声の判別がつかない場合かなり厳しいものがあります。

喋った人はアイコンが光るようになっていますが、
マイクの感度や通信状態でタイミングがぶれるため
ずっと光りっぱなしになったり不規則に光ったりと
確実な情報ではありません。

やはり一番は参加者の声を覚えてしまうことでしょう。

新規が1人でもいた場合は参加者は発言前に名乗るなど、
一定の配慮があることが望ましいでしょう。

1人ずつしか喋れない

1人がしゃべっている間は他が黙るという形が基本なので、
発言にはより慎重さが求められます。

一人で内容のない話をただただ続けた場合---
チャットであればログが流れるだけでその間も
残りのプレイヤーは議論を継続できるのですが
スカイプ人狼ではその間他は黙るしかないため
ただだだ時間を使った人になってしまいます。

タイムキープの観念は他の形式より重要視されそうです。

表情や挙動が読めず、(色々な意味で)憚られる

既に気の知れた仲を殴りに行くのと
初対面それも目上の方に殴りに行くのでは
(色々な意味で)感覚が異なります。

当然ながら思い切りメタになってしまうので
ゲーム中にこの感覚を持ち出すことはしません…が、
スカイプ人狼をやっていて最も気になる点はここかもしれません。

これはチャット人狼も同じ話がいえるのですが、
チャットは洗練されてくると皆が人工知能のような発言だけになる為
スカイプ人狼のように肉声で議論しあう図式では
チャットよりも人間味がどこか出てしまうのかもしれません。

完全野良・仮面は原則不可能

ネット人狼では様々な理由で特定の名前を名乗らずに、
村に入る形を好む人が一定数います。

ネット人狼では毎回異なる名前を使うとき、「仮面」と表現します。

テキストのみのチャット・BBS人狼では
これが成立してましたが、skypeとなってくると話は別。

声質やアカウントを毎回変えれば不可能ではないですが、
厳密に野良・仮面として活動するのは相当難しいでしょう。

仮面になる多くの理由はメタ情報の排除で、
管理人はチャット人狼ではほぼ仮面でした。

スカイプ人狼では基本固定HNでの活動となる為、
仮面に慣れているチャット勢は違う趣を感じるでしょう。

以上、ふわっとした感想を述べさせていただきました。

まだまだ片足を突っ込んだ程度のスカイプ人狼---
これからものんびりら楽しんでいければと思っております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする