「狩人(騎士)は黙って吊られた方が良い」論の訂正&まとめ


この記事はGENが普段人狼の情報発信をする身でありながら狩人の認識不足により間違った内容を発信してしまったことを訂正するものである。

先日GENが運営する「人狼あるある&戦術BOT」での通知にて批判を頂戴した。該当内容を確認したところ当方が完全に間違っていたので手動で訂正を行った。

今回はブログでより詳細に訂正内容を掲載する。当ブログで過去に狩人関連の記事を読んだことのある方は一読願いたい。


スポンサーリンク

当ブログ・BOTのこれまでの主張


過去記事やツイッターでは

・狩人は基本潜伏すること!何故なら自己護衛ができないから
・狩人COせずに死ぬのは有効!何故なら狩人の亡霊効果があるから

といったニュアンスを多用してきた。こう書くと特定の状況下が生まれない限りCOするメリットがないように見えるが、ひとつ重大な認識不足があった。それは「狩人露出によりグレーが1つ減るメリット」である。ブログでは一応触れてきたものの、これまでさほど強調しておらずGEN自身もそこまで注視していなかった。

しかし改めて考えると狩人露出によりグレー1枚が白確し、(吊り回避だった場合)1縄が節約され、占い候補からも外れるというメリットは桁外れに村利である(2枚以上出てもローラーや決めうち、狼の襲撃を待つなどの対策がとれる)。

この訂正を絡めて、以下に改めてGENの考察を述べる。

終盤狩人COが有効≠序盤狩人CO非推奨


先のツイートでは「序盤はCOしない方が良い」という意味に近くなっているが、前述の通り「吊り指定された」「黒を打たれた」など条件が揃えば序盤での狩人COはむしろ推奨である。

「序盤は黙って吊られた方が良い」の意は「遺言で言うくらいなら」と「終盤COは威力が高い傾向がある」ことが伝えたかったのだ。しかし吊り回避狼のグレコンを崩す目的の場合話が180度変わってくることがこの段階で抜けていた。

冒頭のツイートはアルティメット人狼4で初日処刑者(真狩人)が遺言で狩人COした展開が元となっている。あれを是としてしまうのは非常にまずいと感じてこのツイートが作られたのだが、今見るとニュアンスが極めて不十分である。くどいようだが処刑前であればまったく問題ない。

質問箱「狩人回避or貫通」への回答訂正

ツイッターの質問箱でも間違った回答をしてしまったことも訂正させていただく。

これも「序盤COしない方が良い」ととられる表現なのでこの点を訂正・補足する。この回答も「終盤の狩人COほど人外への被害は大きくなりやすい」が本旨である。

個人的理想は終盤で完グレから狩人COして狼を詰ませることだが、実際その盤面になることは少なくむしろ頻出展開はほとんどの場合序盤・中盤でのCOである。

現実的解として狩人は吊られそうになったら回避COが最も村利という結論に至る。

以下は訂正後に寄せられた質問への回答。

該当記事の訂正

狩人(騎士・ボディーガード))COのタイミングは長年議論されている。特に「吊られそうになったときにCOするか(狩人回避)」それとも「...
人間チーム。夜に誰か一人を護衛することができる。人狼と護衛先が一致すると夜は犠牲者なしとなる。騎士が自分自身を護衛することはできない...
騎士を引いた際はなんとしてもGJを出したいと思う一方、いつ名乗り出れば信用を得られるかは永遠の課題。 雑なタイミングでCOして...
騎士は素村と違って、護衛という特殊能力を持っている。吊りや夜の襲撃で騎士がいなくなってしまうのは素村以上に損失。騎士をひいたらなるべ...

上記記事については狩人の吊り回避COの有用性の観点から加筆・訂正を行った。

まとめ


狩人COのタイミングを「村にとって助かるかどうか」でまとめてみると

×:処刑確定後の遺言で狩人CO
〇:序盤(中盤)に吊り回避目的の狩人CO
〇:序盤(中盤)に白確増加・グレー幅調節目的の狩人CO
◎:終盤に狼を詰ませる形で狩人CO

となる。

潜伏による狩人亡霊効果継続よりも、露出によるグレー幅減少や(吊り回避タイミングなら)縄節約・占い節約の方がトレードオフの概念を踏まえても相対的にメリットが勝ついう結論になる。

それでは改めて最後にまとめておく。狩人は襲撃による潜伏死はまだしも「処刑による潜伏死は回避しなければならない」という認識をここに共有する。

これまでの当ブログやBOTによる発信によって「狩人は黙って吊られても良い」という認識を持ってしまっていた方は、今回のこの記事を以って改めていただければ幸いである。

管理人GEN
兎にも角にも「処刑による狩人潜伏死はダメ・ゼッタイ」です。狩人の亡霊に目が行き過ぎて短絡的になってしまっていました、申し訳ありません。まだまだ未熟な中の人ですが今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする