騎士が死なない為にすることと死に際にすること

騎士は素村と違って、護衛という特殊能力を持っている。吊りや夜の襲撃で騎士がいなくなってしまうのは素村以上に損失。騎士をひいたらなるべく終盤まで生き残って、GJを出したいもの。また騎士の死に際は他の役職よりも重要度が高いとされている。

今回は騎士の生存率を高める方法と、正しい死に際について考える。

スポンサーリンク

昼の議論で寡黙気味になる


日中議論で活躍しすぎると狼に脅威噛みされるリスクが高い。発言を控えめにして狼の襲撃候補から外れやすくする。経験者村ではこれを見越して狼が寡黙を騎士予想で噛むことが多い。「気味」と書いたのは、時には多弁になることも必要ということだ。騎士が難しいとされる所以である。

処刑されそうになったらCOする


グレランで処刑されそうな雰囲気になった、吊り指定をもらった、占い師から黒を打たれたなど単品で処刑されそうな位置になった場合は素直にCOしておくことをおススメする。

後述の狩人の亡霊効果はなくなるが、それを差し引いてもメリットが極めて大きいプレイ。

この記事はGENが普段人狼の情報発信をする身でありながら狩人の認識不足により間違った内容を発信してしまったことを訂正するものであ...

意図的に人外ぽい行動をとる


狼陣営は疑わている人間は極力襲撃せず、吊りで消費したいと考える。

疑わしい人に向かって疑問点を指摘することを「殴る」という。騎士が初日から殴られやすい行動をとると狼は襲撃しにくくなる。

相手に疑いをかける行動を総じて殴りと呼ぶ。 理由がしっかりしている殴りは村から信用を得やすい。逆に「なんとなく」「勘で...

とはいえ、疑われて本当に吊られてしまっては元も子もない。ローラーすることが決まって2日間は吊られないなどグレー吊りの流れになっていないことが条件となる。

騎士の遺言について


序盤は騎士が吊られた時に遺言で騎士COはNGとされる。吊られた際はグレーの1人として処刑されたという演出に尽力しよう。COしないと騎士が人外に乗っ取られそうで危険に見えるが、狼目線になって考えてみるとメリットが勝つことが多い。

狼をひき、夜に仲間と襲撃先を決める時間になった。この時「ここは護衛されていそうだから止めよう」という話し合いになったことが一度はあるかと思う。この思考は騎士の生存が狼目線で判別できない故に起きる。

真騎士がCOせず死ぬと、狼目線で騎士がいる可能性が消えない。よって護衛位置の役職や白確定が噛まれにくい状態が継続される

騎士の仕事と言えばGJを出すことが目立つが、処刑が確定した場合は生きているように見せかけて死ぬことも時に有効となる

管理人GEN
遺言での騎士COはハイリスクローリターンですが、吊り逃れの騎士COは序盤でも有効です。序盤(特に初日)騎士COを見ると反射的に否定する人がいますが、戦況も考慮して総合判断してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする