黒出し直後の役職COはどこまで信用できるのか考えてみた

A「Bさん占いまして人狼でした」
B「占いCO、Aさん偽者です。Cさん占って人間でした」

黒を出された直後に役職COする経験者は案外多い。

今回は黒出し直後のCOはどれ程信用できるもののか?具体的な数字を踏まえて考えてみる。

スポンサーリンク

黒出し直後の占い・霊媒COの信用度

具体例で考えてみる


狼3 狂1 占1 霊1 騎1 村8の15人の連ガ禁止村で考える。時系列は上から順。

初日昼 織田 占いCO
    羽柴 素村CO
    羽柴 処刑

初日夜 斉藤 襲撃

2日朝 織田 占い結果 北条●
      北条 占いCO
      北条 占い結果 毛利○

一度は見たことのある展開ではないだろうか。北条は黒を出されたタイミングで占いCOしている。

北条が真占の可能性は?


北条が真ならば織田は人狼か狂人ということになる。

織田が狂人の場合、自分を除く12人の中から1人しかいない真占いに黒を出したことになる。このケースが発生する確率は12分の1だ。

織田が人狼の場合は狼を除く10人の中から唯一の真占いに黒を出したことになる。このケースが発生する確率は10分の1だ。

この後、占いが新たにCOするケースもあるがいずれにせよ北条が真占の確率は極めて低い。

今回は占いで計算しているか1村1人なのは霊能も同じなので同様の確率論が成り立つ。

潜伏CO=偽ではない


連続ガード禁止の場合や初日占いCOが黒を出してきた場合に初日潜伏を選ぶのは悪手ではない。ただし本人が黒を出された後にCOすると前述のように真をとるのは相対的に難しくなる。

このリスクをケアする意味では初日潜伏したら2日目朝一番にCOするのがお勧め。黒を打たれた後と打たれる前では印象が全く異なってくる。

黒出し直後の騎士COの信用度

具体例で考える


狼3 狂1 占1 霊1 騎1 村8の15人初日占いなし・連ガあり村で考える。

初日昼 織田 占いCO
    北条 占いCO
    羽柴 素村CO
    羽柴 処刑

初日夜 斉藤 襲撃

2日朝 織田 占い結果 斉藤●
      北条 占い結果 毛利○
      斉藤 騎士CO 吊り拒否

黒を出された直後に騎士COするケース。

斉藤が真騎士(狩人)の可能性は?


織田が狂人の場合、自分と北条を除く11人の中から1人しかいない真騎士に黒を出したことになる。このケースが発生する確率は11分の1だ。

織田が人狼の場合は狼と対抗を除く9人の中からただ一人の真騎士に黒を出したことになる。このケースが発生する確率は9分の1だ。

よって確率だけで見れば斉藤は真に見えにくくなるのだが、後々の展開を考えるとこの騎士COは真目になることもある。

黒を出された位置が噛まれると黒出しの占い師が破綻する


斉藤が本当に騎士だとしたら狼は夜になんとしても噛みたい位置。しかし実際に噛んでしまうと黒を出した織田が破綻してしまうことになる。斉藤が人狼なら夜にいなくなることはないからだ。

つまり斉藤が真であれば狼に対してプレッシャーを与えた好プレイとなる。ただし狼の吊り逃れ騎士COは常套手段なので、真アピは怠らずに。

斉藤目線では北条が真占い師確定なので、北条が鉄板護衛先となる。連続ガードありの場合はずっと北条を護衛し続けることもできる。

対抗が出て最悪騎士ロラになっても縄が足りるのなら一定の信頼が得られるだろう。

管理人GEN
単純な確率論で行くと黒出し先からの占いCOの信用度は低めです。霊媒COは単独だった場合ほぼ真確となり、一気に黒を打った側が怪しくなります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする