指定無視?特殊な投票先について考える

このゲームでは司会進行役と呼ばれる存在がある。
<参考記事:司会・進行ってなんぞ?

進行役に任せることで安定したゲームメイクが可能になるが、進行を無視したり、進行役から特殊な投票を要求されることがある。

今回は指定吊りやグレラン進行が行われたにもかかわらず、それを無視した動きをする特殊な投票をみていこう。



スポンサーリンク


指定先が村利ではないと判断し指定に従わない

基本的には進行役を村で決めたら、それに従うのが原則。

しかし司会進行役の視野・考察があまりにも浅く、明らかに村が大きく不利になる処刑先を指定した場合は指定を無視した投票が村として有益な場合もある。

ただしその結果選んだ投票先が村のためになったとしても、進行の指定に従わなかったという事実はぬぐえない。よって一定のヘイトを村から買うことは免れない

翌日しっかりと理由を説明し、自身が吊り位置にならないよう村説得できることが前提となる投票といえる。

意思表示を込めて吊り指定に従わない

進行の処刑先指定に逆らって意思表示投票を行う。個人的に狼・人外だと強く感じる人に入れることで狼陣営にプレッシャーを与える効果がある。

また「指定に従わない=票を紛れさせない」ことから総合的に狼はやりにくい動きとされている。ただし、個人的な指定無視の動きを村が沢山起こしてしまうと指定吊りそのものが意味を成さなくなるデメリットがある。

大多数は指定に従うことが前提の投票なので、自分勝手な投票となる側面がある。

発言・宣言の代用として投票する

昼議論終了後の発言を認めない形が多いネット人狼では投票をひとつの発言として代用する文化がある。たとえば占い指定先を昼議論中決めかねた場合に占い指定先に投票することでこれを代用することができる。

ほかにも進行役が狩人COを昼議論終了後に催促したい場合、「狩人は私(進行役)に投票してください」と指示出しすることで昼議論中外で狩人COさせることができる。

ただしこれらはいずれも処刑される人・範囲が確定している---いわゆる指定吊りの展開のときに限られる。

スポンサーリンク

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする