占い先・占い結果で占い師の真贋を見極める方法

占い師の誰が本物で、偽者の場合は中身は何か---
占い真贋の見極めは人狼ゲーム最大の要素のひとつ。
<参考記事:占い真贋ってなんぞ?

以前の記事では占い真贋の基本的な考え方をとりあげたが、
今回は占い結果や戦況に応じたより代表的な考察例をとりあげる。



スポンサーリンク


①占い2CO時、片白を占って黒を出す

役欠けがないルールであれば2COの内訳は
一部例外を除き、本物と狂人、もしくは本物と人狼となる。
2CO時の片白は半分が真占いからの白である。

占いCOの片割れが狂人であれば片白=人間とわかるので、
ここに黒を出すことは誤爆リスクが0%になるため
狂人がやりやすい動きといえる。
<参考記事:狂特攻・狂誤爆ってなんぞ?

②占い2CO時、片白を占って白を出す

2CO時に片白を占って白結果を提出した場合は
1つ白確定を増やしたことと同義である
<参考記事:白確定・白確の作り方

白確定を増やすことは原則的には人外不利なので、
本当に白だった真占いか、村有利な結果を提出しで
信用を得ようとした人狼の可能性が高いと考えられる。

③前日疑われた人を占って黒を出す

前日に票が2番目に集まるなど疑われた人は
村全体から客観的に怪しい位置ということになる。

ここに黒を出すことは、狂人ならば誤爆が怖くやりにくい。
よって逆囲い(身内切り)を目的とした人狼か、
シンプルに狼を見つけた真占の可能性が高くなる。
<参考記事:囲い・逆囲いってなんぞ?

④前日疑われた人を占って白を出す

前日に疑われた人に人間判定を出すことは、
客観的に人狼の可能性が高い位置を囲ったと見やすい。

よって先と同じ論理で人狼か狂人の可能性が高まる。

③・④から票貰い占いはハイリスクハイリターンといえる。
黒が出ると信用が高まり、白が出ると一気に信用を失うことになる。
<参考記事:票貰い占いってなんぞ?

⑤占い2CO時、片占いの黒出し直後別の人に黒を出す

多くの場合、本物によって1匹狼が見つかってしまったので、
処刑回数浪費&(霊媒がいなければ)バランス吊り真決めうち抑止など
あらゆる観点から狂人or人狼に多い行動とされている。

特に狂人は真が1匹見つけた後にそこ以外に黒を出せるので、
誤爆リスクが極めて低くやりやすい行動とされる。

信用を得る為のいち方法として、占い結果が人狼だった場合は
なるべく最速で結果を村に発表することをお勧めする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする