【驚きの白さ】白(人間らし)過ぎる人の扱い

ゲーム序盤から人間らしさが爆発し、
まったくもって処刑される気配がない人---
村を重ねるとこんな人がちょいちょい出てくる。

これを管理人は驚きの白さを持った人と呼んでいる。

驚きの白さを持った人はゲーム中どう扱えばよいのか、
今回は白すぎる人の扱いを考えてみる。



スポンサーリンク


序盤は処刑しない

客観的に白い人は人間の場合基本夜に食べられる。

狼から見れば自身の代わりに処刑されてくれる---
いわゆるスケープゴート(SG)に使いにくいからだ。

白いにもかかわらず日を重ねても食べられない場合は
人外の疑いが一定数は出てくるが、
序盤から積極的に処刑していく必要性は薄い。

占い対象にする

前述のように最初から白い人は処刑対象にしにくい。

言いかえるとここが狼であれば非常に厄介である。
最も人間らしいということは最も処刑しにくいということ。

抜群に白い人は処刑はなく占え(吊り位置ではなく占い位置
といわれやすい理由がこれである。

終盤に処刑する

ある程度経験者村になると頻出する処理。

この人は最終日残ると白過ぎて処刑できないので、
最終日前日までに吊っておこうという考え方。

実際に白の場合も多いが処刑対象になりにくいにもかかわらず
狼がずっと残し続けている(襲撃されない)ことからも、
ゲーム後半に残っているほど村にとっては嫌な存在になる。

白すぎる人は前半は放置、終盤まで生き残ったら処刑対象
とざっくり覚えておくと戦況を把握しやすくなる。

護衛対象から外す

白すぎる人はほとんどの場合グレーにいる。
狼が白すぎるグレーの人間を襲撃対象に選ぶ理由は
狼目線で「処刑位置に使えない」と判断したからである。

あなたが狩人なら、白すぎる人間は素村or狂人である。

狂人であればグレーで白くなりすぎて
ご主人様に食べられては元も子もないので
素村の可能性が相対的に高くなる。

ここを護衛するくらいなら役職を護衛する方が無難。

また白すぎる人がそもそも人外、たとえば狼の場合は
完全に1日無駄な護衛先となってしまう。

狐の場合は襲撃と護衛先が重なってしまうと
両陣営目線で狐噛みかGJか判別がつかなくなり
最悪狐勝ちの芽を増やしてしまいかねない。

以上より、白すぎる人を護衛対象にすることは
総合的にメリットよりデメリットが上回る。

もちろん変態護衛の一環として護衛対象にすることは
トリッキーではあるが一応有効。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする