【超初心者向け】昼議論で困らないためのお得情報

初心者が村に入る際にはさまざまな不安が想定されるが
その中で一番の不安となるのが昼議論である。

どう動けば良いのか、どう話せば良いかがわからず、
ただ黙ってしまったりあからさまに疑われたりと
どの陣営であっても最初は不慣れなもの。

今回は特にゲーム序盤で有効な初心者であっても
一定の活躍が見込めるお得な立ち廻りをご紹介。



スポンサーリンク


昼議論前半に喋る

グレーにいるときに非常にお勧めの立ち回り。
昼の早い段階で言いたいことをまとめて言ってしまう。

初心者が処刑対象にされやすい原因のひとつに
言いたいことを他のプレイヤーに先に言われて、
自分の番で言うことがなくなってしまう」がある。

盤面・戦況上はあたり前(無難・テンプレ)の発言であっても、
最初にそこに触れたということには一定の価値がある。

発言する番がまわったときに言うことがないと
他の人の意見に丸乗っかりするしかなくなり、
便乗発言に終始したと村から判断されやすい。

こうなってしまっては発言が伸びたとしても
内容が薄いことを理由に結局処刑対象になる。

これらを避けるためには議論時間前半に発言する
という方法が単純ながら非常に有効となる。

また、より吊られにくいトーク内容については
以前書いたこちらの記事を参照してほしい。
<参考記事:初日吊られない為の発言・トーク内容

狼のときに役職(占・霊)を騙る

グレーに潜伏するには一定の経験が必要になる。

グレランになれば発言を最も伸ばさなければならない上、
経験者が多いと押しつぶされて吊られやすい。

狼をひいたときに役職を騙ってしまえば、
とりあえずグレランの対象からは逃れられる

加えて役職を騙る限りは役職結果と、
占いであれば指定理由と必ず話す機会ができる

率先して発言タイミングを確保しなければならない
グレーよりも立場的には少し気が楽になる。

経験者が狼をひいたらは相対的初心者の仲間狼に
役職騙りを担当させるのは有効な手。

特に霊媒師は乗っ取りの場合を除き、
COと結果がまともであれば一定の仕事を果たせる。

展開・戦況・進行についての質問をする

こういうとき村はどうすればよいのか?
という質問を村全体や進行役にぶつける。

村のためを思っての自然な質問なので
素朴な村目発言ととられやすい。

ただしこの質問だけで発言が終わると
本人の主張が一切ない形になるため、
必ず文末に自身の考察を付随させること

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする