特殊人外!牛・豚ってなんぞ?

記事内容(クリックすると項目にジャンプできます)

牛・豚は主に特殊村に登場する役職。狼陣営でも村陣営でもない第3陣営。

半ばネタ役職と化しているが、意外にも奥は深い。基本仕様と立ち回りを見ていこう。

スポンサーリンク

牛・豚の基礎

処刑・襲撃されると勝利


村・狼とは一線を画す仕様。牛は日中に処刑されること、豚は夜に襲撃されて死ぬことが勝利条件となっている。

最大の特徴は横取り勝利の概念がないこと。狐・恋人のように狼・村陣営の勝利に干渉しない為、牛や豚が勝ったとしても単独勝利になることはなく「牛と村の勝利」「豚と狼の勝利」といった形になる。

なお猫又のランダム道連れで死んでしまうと牛も豚も勝利にはならないので注意。

ゲーム中は人間扱い


ゲーム中は人間とカウントされ、占い・霊媒結果も人間。狩人の護衛がつけば夜に死ぬことはなく、勝利条件の違いを除けば仕様は素村とほぼ同じ。

牛・豚をひいたときの立ち回り方

総合

ワンナイト人狼で頻出する吊人(てるてる)は牛と同じ勝利条件であることに加え、吊人勝利=他陣営敗北という結果が付随するのでゲーム中は他陣営から大きく警戒される。

しかし牛や豚には他陣営敗北という結果は付随しない。つまり村に非協力的な動きをして吊られたり、狼に脅威と思われて襲撃されても問題ない第3陣営であり、且つ他陣営からの警戒心が薄れた役でもある。

恋人ケアや狐ケアといった戦い方をとられる心配がない分、他の第3陣営と比べると自由度は高くなっている

噛まれて死ぬことが目標なので、潜伏する場合は雄弁な素村、隠れている狩人目で立ち回る。

豚は日中に処刑されてはならな立場なので、処刑位置に入りにくい立ち回りという意味でも有効。

吊られそうになったら狩人COして、襲撃位置に自ら入っていく立ち回りもある。

占いを騙って真アピに競り勝ち襲撃位置に入る戦法もあるが狩人の護衛まで寄せてしまうと意味がないので狩人がいない確信がなければ非推奨。

処刑されることが目標なので、日中疑われるように動くのが基本。

襲撃される=牛の負けなので如何にSG位置(吊り位置)には入れるかが肝要。

確実に処刑される位置に入るのも有効。具体的には誰かの霊媒COに追加で霊媒COや、共有、パン屋といった進行役職COに追加CO。こうすることで高確率でローラーにできるため、噛まれにくく吊られやすい位置を確保できる。

管理人GEN
ネット人狼では豚に選ばれるとGMから「あなたは豚です」とチャットが送られます。直球。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする