【中・上級者向け】狐ケアってなんぞ?(狐盾・飼い狼・霊媒残しetc)

※この記事は「狐」という役職を知っている方向けです。
<参考記事:狐・吸血鬼ってなんぞ?

狐がいる村では狼と人間が一時的に狐を倒す為に共闘したり
逆に狐を利用して敵陣営に圧力をかける立ち回りがある。

狐を勝たせない為の進行の総称を狐ケアと呼ぶ。
占い指定は狐ケアに加え占い真贋見極めの要素でもある。
<参考記事:占い指定ってなんぞ?

今回は占い指定以外の狐ケアの基礎的な話をいくつかと、
狐あり村に入ったときのみ発生する思考と戦術をご紹介。



スポンサーリンク


狐ケアを考えなければならないケース

銃殺が起きず、占いがいない

占いによって狐を溶かせなければ両陣営目線から
狐がまだいるのかもういないのかの判断がつかない。

また占いがローラーや襲撃でいなくなった場合は
狐の処理は吊りしか手段がなくなってしまう。

うっかり狼が0になったり、村が減りすぎたりして
どちらかの勝利条件が満たされると狐勝ちの恐れがある。

平和が起きた

朝死体がなしだった場合、その前夜は
狩人GJか狐噛みのほぼ2択となる。

占いがいなくなった後は後述する
狩人を村が露出させる進行が可能。

平和で昼の人数が偶数から奇数になれば処刑回数が増える。
狐を吊る用の縄を増やす為に意図的に狩人の護衛先を襲撃して
平和を起こす進行をとる場合もある。
<参考記事:偶数・奇数ってなんぞ?

様々な狐ケア

狐盾進行

狼がまだ減っておらず、このまま進むと狼が勝利条件を満たし
狐の単独勝利となる可能性が高い戦況の際に登場する進行。

村はここで村柱CO(私は白です、吊って下さい)を出す。

村が柱として出ると、通常は村が困るだけで終わることが多いが
狐が勝ちかねない戦況で村が減るのは狼も困る

「このままだと白が吊られるんですが、狼陣営大丈夫ですか?
下手するとゲームが終わって狐が勝ってしまいますよ?」
という意味合いで狼に対して脅迫を行う

この村柱を見て、狼が対抗柱COしてくる場合もある。

「今日白が吊れて夜平和が起きなければ狐が勝ってしまうので、
狼柱COしておきます。私を吊ればゲームは続きます」
(場合によっては今夜の噛み先まで宣言する)

柱は総じて扱いが難しく悪手とされやすいが、
狐ありの村ではこのような意味が付加されるため
他と比べると多用される傾向がある。
<参考記事:人柱ってなんぞ?

狩人露出&指定護衛

あえて狩人COを催促し狩人を露出させる進行。
通常は真狩人COがあると真っ先に食べられてしまうが、
狐を見つける為の一時的共闘なので狼には見逃してもらう。

護衛先を昼に発表して固定させることで、平和がおきたとき
狼目線で狐噛みかGJかを明瞭にすることができる

平和がおきたら狼から1人COして、襲撃先を発表することで
狐の位置を両陣営目線で捕捉することができる

ただしこの告発先が嘘だったり狐の騙りの場合もあるほか、
そもそも狩人が人外乗っ取りのケースもあるので注意。

狼側は護衛先を襲撃することで100%平和を起こせるので、
両陣営目線で処刑回数の調節がしやすいのもメリット。

飼い狼

狼と確定した人は通常真っ先に処刑されるが、
あえて生かしておく戦術を飼い狼という。

霊媒師が確定しない限り残り何匹狼がいるかは村にはわからない。
残りの処刑回数と相談して、飼い狼をギリギリまで残すことで
うっかり狼を0にして狐が勝ってしまうことを防止する。

LWCO

狼が最後の1狼(ラストウルフ=LW)と宣言することで
「私を吊ると狐が勝ちかねないので他を吊ってください」
と主張する方法。

吊り逃れしたいのは狐も同じなので、100%信用してはならない。

霊媒残し

狼側が霊媒師を襲撃対象に選ばない戦い方。
わざと霊媒師を残し霊媒結果を村に伝える。

霊媒結果は狼が残り何匹かという情報でもある
つまりゲームが終わるタイミングがわかる情報なので
狐ケアの観点でも霊媒が生きていると村は戦いやすい。

霊媒を狼が襲撃する進行をとった場合は、
残り何狼かは狼しか知りえない情報となる為
共闘の際は相対的に狼の負担が増えやすい。

引き分け進行

最終日に狼狐村村という4人が残った場合に行われる。

「ここまで尽力したが狐は両陣営ともやっつけられませんでした。
狐に2票、狼に2票を集めて同票にして引き分けにしませんか?」
という提案を狼から行う。

陣営の異なる2人外が残っている最終日なので、
村側に100%勝ちはなく村には悪い提案ではない。

ルールによっては同票=ランダム処刑の場合もあるので、
狐狼村村=100%引き分け進行となるわけではない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする