人狼の見つけ方と人間の見分け方

人間チームの勝利条件である全人狼の処刑---
誰が人狼・人間か見極める方法をいくつかご紹介。

非常に基本的なことばかりなので、始めたばかりの人は
これらを覚えるだけでもかなり強くなれる(と思う)。



スポンサーリンク


夜に死んだ人は人間

狼は夜人間の誰かを襲撃(噛む)する。
狼は仲間の狼を噛むことはできない。

よって、夜に死ぬ人は狼に噛まれた人で、絶対に人狼ではない

ゲームから除外された後に出てくる情報だが、
過去の発言・行動を推理する際に人間と知っておくことは重要。

例えば占い師が黒判定を出している人が夜に襲われた場合、
この占い師は偽者であることがわかる。

真占いを確定させてその情報を使う

真占いが確定すれば、その占い結果を信じて戦う。
白判定が出ているところは避けて吊り、
黒判定が出たらその日にそこを吊る。

1-0 1-1ではこれが可能なので、
人間チームは非常に立ち回りやすい。

2人以上占いCOがあった場合は、
最低1日は占いの真偽を見極める時間を作りたい。

白確を増やす

絶対に人間である「白確」を増やすほど
人間目線で狼候補を絞ることができる。

占い師が複数出たときに、全員から白判定が出された人は
偽物にも本物にも白と言われているので白確となる。

また、役職COが1人しかいない場合も白確と扱って良い。
例えば3-1であれば、霊媒師は真かつ白確として扱う。

また騎士は護衛成功した翌日にCOする手が有効。
護衛された人=人間なので白確を1人増やすことができる。
護衛直後で対抗が出なければこの騎士はほぼ本物なので、
騎士+護衛成功先と2人分の白確が作れる。

このように白確を増やしつつ白確以外から吊っていくことで
狼を吊る確率を単純に上げていくことは村の基本戦術。

ラインを見る

AさんBさんが互いに人間と信じあっていて、
意見も近しいことを述べている場合、
2人は同チームではないかという推測が立つ。
これが2人にはラインがあるという。

Aさんを吊って霊結果が白ならBさんも白
Aさんを吊って霊結果が黒ならBさんも黒

といった推理が可能。
<参考記事:ラインってなんぞ?

襲撃されることを考えない人は黒い

狼は夜に襲われる心配がないので
日中どんなに目立ってもつられさえしなければ
勝利に近づけるポジション。

「話したいことがあるんですが明日言います」
「思うところはあるんですが今は黙ります」など

これらは今晩死なないことが解っている
つまり人狼候補にされやすい発言。

占い真贋について言及した人は白い

「こちらの占い師は本物ぽい・偽者ぽい」など、
真目の占い師を明確に指定した人は人間らしい

占い候補になりかねない位置に自ら進んで出向いたので、
狼or銃殺の怖い狐であればやりにくい行動であると考えられる。
<参考記事:【中・上級者向け】狐・妖狐ってなんぞ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする