元人狼廃人が語る映画「人狼ゲーム マッドランド」感想・レビュー

今回は視聴後の感想や、これから視聴する方向けに概要や見所などを語っていく。

なお、この映画はアマゾンプライム会員になると無料視聴可能。こちらから登録できるので興味があればぜひ。

(以下、ネタバレを含みます)

スポンサーリンク

「人狼ゲーム マッドランド」概要

基本は主人公視点


主人公のみ視聴者には役職が公開され、ストーリーが進行していく。

視聴者は主人公の立場で物語を楽しむことができる。

処刑や襲撃にあうと実際に死亡する


通常の人狼ゲームと異なり、処刑や襲撃に合うとプレイヤーは本当に死んでしまう設定。

これにより軽々しく「今日は私を処刑してください」や「この人を処刑しましょう」などは言いにくい環境となっている。

勝ったとしてもゲームから外されては命が戻ってくる保障はない(厳密には生き残っても保障はないのだが)ので、ゲームの勝利よりも生き残ることを優先する者が現れる。

夜時間の処理も独特


夜時間は各々個室で待機しているが、人狼は村陣営の部屋へ毎日足を運び、本当に殺害しに向かう。

狩人が護衛している部屋のドアは開かない設定となっている。

残虐描写・暴言は多め


この作品に限らず人狼ゲームを題材にした映画作品はなかなかに生々しい表現が多い

また逃げられない特殊な環境下から発狂した参加者が罵詈雑言を言い合う。少なくともさわやかな映画ではないのでそういったものは求めずに視聴されたし。

個人的にはひとつくらいポップ・さわやかな設定の作品があっても良い気がするのだがやはり人狼ゲームを題材にするとなると難しいものだろうか。

映画「人狼ゲーム マッドランド」感想

役者陣の鬼気迫る演技


GENは演技に関しては素人であるが、個々の熱のこもった演技には感嘆させられた。

閉鎖空間での緊張感を描いた物語は数あれど、緊迫感を強く強く感じられる役者たちの怪演は必聴である。

認知していない層の満足度は高そう


配役はいわゆる「ご主人様ついていきます村」で典型的な特殊村である。

狼を何匹にするか、役職はどこまで入れるか、このくらいの人数ならこの配役というのは厳密な規定はなく、GMが決めることが一般的。...

フジテレビの人狼や、アルティメット人狼のようにオーソドックス配役の放送しか見たことがない・知らないという層にとっては新鮮な展開や考察が多くとても楽しめる内容だと思う。

人狼ゲームとしては超展開


詳細は伏せるが、こういう展開にしないとそもそも村勝ちにくいよなぁというCOタイミングや展開が多い。

普段しているような人狼ゲームと同じに捉えるとストレスが溜まると思う。あくまでサスペンス映画と割り切って視聴することをおススメする。

映画の設定を生かした作戦や考察


人狼陣営は如何に夜殺害の証拠を残すかが肝となっている。

狼になりきった佐藤彩乃(占)に狼になりきれるよう、殺害の証拠を敢えて作るシーンもあったりする。

終盤では最終日を見越してSG位置を作る為に村陣営2人で工作を行う。具体的には夜に人間を殺した物的証拠を捏造するというもの。

最終日までの進行を考える という元来の人狼ゲームらしさに加えて、最終日のSGの作り方はいわゆるメタという展開がとても面白い。

リンク:メタってなんぞ?メタは悪いことなのか

主人公が死んでしまう展開


最終的には主人公が相方の村陣営を庇う形で死んでしまい、相方位置が単独で生存し村勝利というなかなか新鮮な内容。

なんやかんやで主人公は生き残ると思いながら観ていたので興味深かった。

映画「人狼ゲーム マッドランド」 登場人物・役職紹介

小池萌(SUPER☆GiRLS 浅川梨奈)

主人公。与えられた役職は狩人。作中では「用心棒」と表現されている。

狂人村という特性を理解して、表立った狩人COはせず、狂人として立ち回ることとなる。

GJを出し、舞台を生かした作戦提案など素晴らしい活躍を見せるが・・・

佐藤彩乃(松永有紗)

役職は占い師(作中では「預言者」)。初日に人狼COすることで処刑を逃れようと画策する。

途中から小池(狩)と内通することで村勝利を手繰り寄せようとガンバる。主人公が唯一最後まで信じた良きパートナー。

中川未来(飯田祐真)

与えられた役は人狼。初日にはCOせず潜伏を試みて、3日目でCOするという離れ業を見せる。グレランで処刑されるリスクも併せ持っているはずだが、なんとか乗り切ったようだ。

潜伏した理由は「人狼ゲームは知っていたが、特殊村のルールはよくわかんなかった」とのこと。

後半は佐藤(占)とともに人狼の決めうち合戦を演じる。

庄司蒼空(佐奈宏紀)

狂人でありながら、人狼COして独裁政権を作ろうと試みる。

ちなみに通常の人狼であればこの配役での狂人の人狼COはメリットがない。今回は「処刑=死亡」という映画の特性上仕方なく出たプレイと言える。

個人的にはこの映画を最も盛り上げた存在である。男性陣にはパワハラを超越した態度で接するが女性には暴言程度で済ませるという紳士的?ポリシーも併せ持つ。

周太樹(門下秀太郎)

狂人をひく。ゲーム放棄。

宇佐美慧(栗原吾郎)

狂人をひく。最終日まで生存。

根岸すず(長谷川ニイナ)

狂人をひく。初日に処刑されてしまう。

加納蓮(眞嶋秀斗)

狂人をひく。3日目に処刑される。

三上優花(木下愛華)

狂人をひく。さいしゅうびまで生存。

杉本陽翔(坂田将吾)

狂人をひく。2日目に処刑されてしまう。

管理人GEN
若い学生の皆さんでこんなひどいゲームをさせられて・・・と少々気の毒な気持ちが芽生えてしまいました。そんなゲームを推している当ブログであります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする