【ワンナイト人狼】武中兄のお手本のようなプレイ

記事内容(クリックで項目へジャンプ)

麻雀スリアロチャンネルというチャンネルがある。麻雀プロを中心に麻雀以外にも様々な勝負を行っているが、通常の人狼やワンナイト人狼の放送も多くある。

「片山まさゆきのゲームの達人」という番組での一幕---ワンナイト人狼での試合中の出来事。

動画リンク:片山まさゆきのゲームの達人 第14回(該当部分より再生)

今回はこの1戦について解説する(敬称略)。

※以下ネタバレを含むので動画視聴後お読みください

スポンサーリンク

ゲーム展開


・白田(狼) 味方狼がいないことを確認
・武中兄(占) 余り2枚を占い「人狼と怪盗」と知る

・片山(村) 素村CO
・武中兄(占) 役職CO
・白田(狼) 役職CO
・武中兄(占) 占いCO
・白田(狼) 素村スライド
・武中兄(占)「余りの2枚は人狼と市民だった」と結果騙り

ここまでの流れで白田(狼)は騙られた占い結果を元に「片山か武中弟のどちらかが怪盗で自分と交換した」と確信する。

・白田(狼) 人狼CO

人狼COして仲間がいないことを主張するが、直後に武中兄の結果修正が炸裂する。

・武中兄(占) 余りの2枚は「人狼と怪盗だった」と訂正
・投票先 白田(狼)3票 村勝利!

今回の村における結果騙りの有効性

混乱を生みにくい結果騙り

武中兄は余り2枚を見て村の内訳が判っている。6枚のカードは 村人2 狼2 占1 怪盗1。余り2枚が人狼と怪盗だったということは「村に怪盗はいない」「村にいる狼は1匹だけ」という2つの事実を元に戦うことができる。

村人である武中弟と片山に生じる混乱が少ないのがポイント。怪盗がいない事実を知っているのが1人だけだからだ。

狼がとれる選択肢

「怪盗CO、占いと交換した」と騙れば占い結果修正で破綻。

狼がとれるのは「潜伏」「狼CO」「占い対抗CO」の3択。今回は真占が先に出てきて被せるタイミングを逸したので、残る選択肢は潜伏狼COになる。

・怪盗が出て来ない=村に怪盗がいない
・怪盗が出て来ない=自分と交換されている

白田はこの2つを予測して動くしかない。確定情報が少ない中で綺麗に決まった騙りであった。

管理人GEN
「武中お兄さんは通常人狼(スリアロ村)でも素晴らしいプレイヤーです。知らなかった方は是非一度チェックしてみてください。」
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする