【人狼ゲームが怖い理由?】昼議論と日常会話の違い

人狼ゲームに不慣れなうちは、他人のプレイを見ているだけだったり
村に入ることそのものにある種の恐怖を感じることがある。

これには対話式のチーム戦&非日常なシチュエーション
という人狼ゲームの特性から来ていると管理人は考える。

今回は日常における会話と人狼中の会話の違いを比較してみる。



スポンサーリンク


日常会話

管理人は喋りのプロでもなんでもないのだが、
自分なりに人と話す際に意識していることがある。

それは「共感・興味・理解」を絡めた会話はお互いが心地よく
人間関係を円滑に回す上でも重要ということである。

相手から「共感・興味・理解」という感情を引き出し、
自身もそれをそれとなく発していく会話内容を
いくつか列挙してみる。

直前に相手の話した内容を汲む

相手に話しやすい空気を作る上でひとつの手法が
手前の内容を汲み取ることである。

以下2つの例を見て欲しい。
A「昨日遊園地に行ったんですけど、すごく混んでたんですよ」
B「平日だったのに?意外ですね~」

A「昨日遊園地に行ったんですけど、すごく混んでたんですよ」
B「そうなんですか、私は動物園に行きました」

前者のBの回答はAの発言を受けての反応であるが、
後者のBの回答はB個人の話にシフトしている。
A視点で気分が良いのは明らかに前者である。

もう一例出してみる。
A「昨日会社で友達と企画のことで議論してたんですけど、
  途中から相手が全然考えてないことがわかってカッとなっちゃって」
B「友人の理解の低さについ怒っちゃったんですね」

A「昨日会社で友達と企画のことで議論してたんですけど、
  途中から相手が全然考えてないことがわかってカッとなっちゃって」
B「はい」

前者のBの回答は直前のAの発言の要約である。
会話そのものは進展していないのだが、相手の発言を組み
Aの話をきちんと聞いて理解している」という信号になる。

後者は話を聞いてないわけではないが、どこまで理解しているかが曖昧。
あなたも話を聞いてもらっていて相手の反応が「はい」だけでは
どこまでこちらの内容が伝わっているか不安にならないだろうか。

前回の会話内容を覚えている

顔を合わせるのが2回目以降の相手の場合、前回会話にて得た情報を挟むと
相手の話に興味があることが伝わり、会話が流暢に進むきっかけになる。

以下、2つの会話内容を比較して欲しい。
A「以前、旅行に行くと仰ってましたがいかがでした?」
B「そうなんですよ~実は…」

B「聞いてください!この前旅行に行ってきたんですけど~」
A「ふむふむ」

どちらもBが行った旅行の話が広がっていく流れは同じだが、
前者の方がBは格段に喋りやすい雰囲気になっており、
AがBの旅行の話により興味を持っていることが伺える。

疑問点を質問する

話を聞いててわからない点があれば「~って何?」とたずねる。

わからないまま話が進むと話しそのものの理解度が下がるので、
事前に解決しておくのは決して悪いことではない。

ただしタイミングによっては会話の腰を折る場合もあったり
量を間違えるとインタビューになってしまうリスクがある。

人狼ゲームの昼議論

発言の簡素化・簡略化

長期は例外だが、10分程度の昼議論がなされる短期では
発言の量よりも濃度(質)が重視される。

直前の発言を言い換えたり、説明するといった日常で頻出する会話が
熟練者を多く含む人狼ほど減っていき、最悪発言稼ぎ扱いになる。

狼を探す為の要素探しや人間力合戦に時間を割きたいのに
議論の進展を阻害しているように見えるからである。
<参考記事:発言稼ぎってなんぞ?

これを避けるには真逆に徹すれば良い。

つまり言い換え表現や頭からの説明は極力避け、
自身の発言意図が村に伝わっている、かつ自身は
他プレイヤーの発言をすべて理解しているという前提で
必要な内容だけを完結に提出していく話し方をする。

これが最も合理的なのだが、この話し方こそが
初心者が人狼ゲームに恐怖するひとつの原因となっている。

通常会話と異なり同意表現、補足説明が皆無となることは
会話を楽しく円滑に進める要素がほぼ0になることと同義。

実際はゲームという体が理由でそんな空気になるわけだが
誰もが無味乾燥な反応しか返さない村を見てしまうと
日常会話とのギャップに恐怖する初心者は多いだろう。

「わかる」「なるほど」「同じ考えです」
この程度であれば昼議論でもよく使われるが、
それ以上の長めのこと共感系の発言については
上級者の村ほど少なくなっていく点は否めない。

煽り・暴言

ラフプレーを問題視しないプレイヤーが多い、
GM・主催者・村長が特に規制を設けない場合に
どうしても出てくるのが煽りや暴言の数々

人狼ゲームを始めてみたは良いものの、
これが決定打で控える人も少なくない。

ラフプレーを是とする層はどんな分野にも一定数おり、
人数が増えるほど可視化されるようになる為、
村に入れば入るほど出くわすことになる。

なお、管理人が村長を勤める村ではラフプレー規制に加え
日常会話のような発言が多く出た場合は議論時間延長など
極力このテの恐怖心を減らす対策を事前に講じている。

人狼ゲームに参加してみたいものの、恐怖からできない
という方は是非一度来ていただければと思う。

※ツイッターの固ツイに概要を唐突に張ったりします
管理人のツイッター

以上、日常会話と人狼での昼議論を比較してみた。

管理人の印象としては最も日常会話と状況が近い
対面人狼においてこのギャップが少なく感じた。

別物として割り切る寛容さが必要なのは当然だが、
できることなら余計な恐怖を初心者に与えることは
極力避けたいと個人的に考える今日この頃である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする