各陣営別の狐ケア・狐の探し方

狐ケアには多くの方法がある。
基本的な狐ケアについては以前の記事を参照して欲しい。
<参考記事:狐ケアってなんぞ?(狐盾・飼い狼など)

今回は陣営別区分けして狐ケアや探し方を考えてみる。



スポンサーリンク


総合

占い位置に入ろうとしない位置を疑う

狐は占われただけで負けという非常に厳しい立場。
相対的に自ら占われやすい位置に入ることは少ない。

一例として片方の占い師の信用度を極端に上下させる発言は
「占い師に疑われてもかまわない」と言っているようなものなので、
他のグレーよりも相対的に狐要素は減る(非狐目)。

逆に占いに一切触れようとしない動きがある人は
相対的に狐候補として有力になる。

昨晩襲撃された占い師の1指定占い先に入った位置を外す

真占の1指定先に入っていた場合はそこが狐なら溶けている。
襲撃されて死んだということはその位置は真占か狂人とみなせる。

前日までの村の雰囲気から真占らしい人の1指定は
相対的に狐候補からは外しやすいポジションになる。
<参考記事:占い指定ってなんぞ?

ゲーム前半の占い白判定を疑う

背徳者がいる村で頻繁に用いられる考察。
背徳は狐に白を出すことでご主人をグレラン対象から外し、
ゲーム前半の狐死亡を回避する動きをとることが多い。
<参考記事:背徳者ってなんぞ?

もちろんこれを逆手にとって一切関係ない位置に
白や黒を打つこともあるので確実ではない。

特に霊媒COが複数あったり、初日から占い黒が出るなど
ゲーム序盤の処刑先がほぼ固定される展開の場合は
主人を囲うメリット相対的には薄くなる。

村陣営目線

狩人はグレー護衛を控える

後述するが狼は主にグレー襲撃により狐を把握する。
このとき狩人がグレーを護衛していると、
狐噛みなのか護衛成功なのか両陣営で判断がつかない。

よって狐がいる村では原則狩人はグレー護衛よりも
役職COの中で真目の高い位置を護衛するのが一般的。

人狼陣営目線

平和が出たら吊り誘導

もっとも頻出する狐把握のケース。前述のように
狩人がグレー護衛をつけなければ確実に狐噛みとわかる。

狼が全潜伏の場合は議論の中で狐を釣り位置に持っていく。
狼が占いを騙っている場合は狐とわかった位置に黒を出す、
あまりにも狐位置が白い場合は狼COして告発など
何かしらの形で狐処理を行う。

狼が勝ちそうなら柱を提出する

狐生存の可能性が高いにも関わらず狼が勝利しそうな展開---
具体的には人間ばかり処刑され狼が多く残っているときは、
昼議論中に狼COして自らが処刑される(狼柱)戦法が有効になる。

「ここまでで一度も狐噛みも銃殺も起きていないので、
きわめて高い確率で狐は生存しています。
今日私を釣ることで狐ケアの時間を増やしましょう」

狐の狼騙りに対抗CO

狼COによる狐告発により狐が透けることを恐れ、
平和直後に狐が狼COしてくるケースがある。

この場合は即座に狼が正確な情報を村に伝えるために
狼COして狐を処刑する流れを作っていく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする