霊能者(霊媒師)の基礎・戦術

通称「霊」。 人間チームの役職のひとつ。死んだ人の色(人狼か人間か)を見ることができる。仕事内容から基本事項までをおさえておこう。

GEN作、動画版「霊媒師の基礎」です。

スポンサーリンク

霊能者の主な仕事

死んだ人の色を村に伝える&票を洗う


「昨日処刑された人は人間でしたor人狼でした」という霊媒結果を村に伝えていくのが最低限の仕事となる。

霊媒結果が黒だったときは人狼に投票した人が誰かを最低限確認しておくことが大切。身内切りを除き、狼に投票した人は極めて白く扱うことができるからだ。

身内切りは人狼陣営が行う戦術のひとつ。仲間に対して不利になる行動を敢えて行い村チームからの信頼を勝ち取る戦術の総称。代表的な...

逆に言うと、霊媒結果で人狼判定を持ってきたにもかかわらずこの行動を取らない人は相対的に信用を得にくい。

真確(本物確定)された場合の司会


霊は1人しか出ない場合、本物扱いされ司会を任されることが多い。狼側としては霊よりも占を真確させることの方が被害が大きく、狼側が人員を割く割合が相対的に低いからである。

人間陣営はばらばらに動いてしまってはあらゆる意味で人外に有利な展開になってしまう。ゲーム序盤は意見をある程度あわせるために村...

霊能者の主な戦術

指定吊り


本物確定(真確)として進行を任されたとき、オンライン(ことチャット)では票割れ防止として必須なことが多い。場合によっては処刑対象を霊媒の裁量で決めてしまい、誰がなんと言おうと村全体でそれに従うという戦い方である。これを指定吊りと呼ぶ。

ゲーム序盤の昼に頻出する戦術。 人間確定した人、もしくは人間濃厚な人に具体的な処刑先を選んでもらう戦術。村はその指示に...

2人以上名乗り出たとき、ローラーされる


ローラーとは一定のくくりの人を全員処刑すること。霊媒師は2人以上出るとこの対象になることが多いが、作業的にローラーされる流れになってもやることはあるので「どうせローラーされるから・・・」と気を抜かないこと。

以下はローラーする・される立場になったときの心持ちを含めた解説記事。ローラーになるたびに少しつまらなく感じてしまう貴方には是非一読願いたい。

初日役職を募ると、占い師2名、霊能2名が名乗り出た。こんなときよく提案されるのが「霊媒をローラーすべきだ」という意見。 ...

役職や結果を騙る


人間陣営にもかかわらず嘘をつくというトリッキーな戦術。一時的に占い師を騙った後に霊媒師と言い直したり(スライド)、人外を炙り出す目的で霊媒結果を反転させるといった戦い方がある。詳細は以下記事にて。

COした役職を撤回し、別の役職に乗換えCOすることをスライドと呼ぶ。 ex)占いからの霊媒スライドの場合「占いです」「...
この記事を読むにあたり、村騙りの基礎的な記事を事前にお読みください。 上級者でも扱いが非常に難しい村騙り---...

霊能者は結局どう立ち回ればええの?


霊は占いの動向を見つつCOするか決める。1-0であれば黒が出るまで潜伏or乗っ取り防止CO。2-0、3-0と占いが複数出た段階でCOするのが基本。詳しくは以下リンクにて。

人狼にはチーム戦であるが故の陣形がある。とはいっても敵と味方が混ざった陣形だ。1-0 2-1 2-1-1などといったりするア...

「霊結果言います、◎◎は人間でした」のように「霊結果」というフレーズはきちんと入れておこう。初心者に多いのは霊COにもかかわらず「昨晩占って人間」と霊と占を言い間違えるパターン。

真霊能が安定していると村がまとまりやすくなる。司会を任されたら堂々と振舞おう。対抗が出たら霊ローラーの流れになっても対抗真決めうち論を抑止するため真アピを忘れずに。

狼が残り1匹なら霊結果はゲームが終わるまで白しか出ない、すなわち真霊は白確の1人でしかなくなる。このときは他の確定白と同様のスタンスで進行しよう。

真確されなかった場合は仕事を終えた役職として処刑されることもあるが、これもこれで大切な仕事である。

確実に人間であると判明した人のことを白確(確定白・確白)という。 白確を増やすことで村は様々な理由で有利に戦える。白確...
ある程度経験者が集まると「占い師としての仕事は終えた」「霊媒師としての仕事は終えた」という発言が散見されるようになる。 ...
管理人GEN
ローラー対象の代名詞となっている霊ですが、あなどれません。とはいえ真確しない限りはなかなか長生きできない切ない役です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする